トラブルに気づいた時の応急処置~ガラス修理の適切な対処~

危ない!ガラス破損時の応急処置はガラス修理

自宅のガラスが破損してしまった場合、被害を拡大させないためにもガラス修理業者に依頼することが大切です。ガラス破損の規模によっても応急処置が異なるため、適切に行なえるように確認してみましょう。

ヒビ割れ程度の場合
ヒビの大きさや状態によっても異なりますが、ガラスはヒビが入るととても強度が弱くなってしまいます。ですから「このくらいのヒビなら大丈夫」と思っていても、触ったとたんに割れてしまい大怪我をすることがあるので注意が必要です。ガラスにヒビが入った場合の応急処置として、ヒビ全体を覆える大きさのガムテープで優しく抑え補強します。さらにその上から、ガラスに余計な負担がかからないように風よけなどを作ります。ガムテープだけの補強では強度が弱く危険なため、必ず風よけを作ったほうが安全なのです。その後ガラス修理業者が来るのを待った方が良いでしょう。
割れて飛散している場合
確実に目で見て割れていると確認出来る場合は早急にガラス修理を行なう必要があります。そのような状態にまでなっていると、少しの振動で一気に割れてしまう恐れがあります。ガラスが割れる原因は風ではなく、風で飛んできた何かで割れてしまった可能性が高いです。風が強い時などは安易に近づくことはやめましょう。また何処に落ちているか分からない破片にも注意が必要です。怪我をする恐れがあるので、割れたガラスの周辺は素足で歩かないようにしましょう。安全に応急処置をできると確認した場合は、軍手をはめ靴を履いて手や足を傷つけないようにして作業を行なうようにして下さい。またガラス修理業者が到着する前に割れたガラスの一部が落ちそうで放置しておくと危ないと判断した場合は、周辺の安全確認をして長い棒などを使って落としてしまうといった対策も必要になります。

ガラス修理業者に依頼するポイント

作業員

ガラス修理業者のサービスや料金はどの業者も大きな差はありません。またガラス修理や交換は頻繁に利用する事もないので、どの業者を選ぶのかは利用者次第ということがいえます。ガラス修理を早急に対応して欲しいのか、ガラス修理費用を安く抑えたいのかなど、依頼する側が希望する条件によって業者の選び方が変わってくるので、しっかりと確認しておくといいでしょう。

  • 24時間年中無休で対応している
  • 支払い方法が豊富(クレジットカード払いや分割払いなど)
  • 値段が明確に記載されている
  • スピーディーに修理してもらえる
  • 口コミなどの評判が良い

応急処置はあくまでも一時的なもの

ガラスにヒビが入ってしまい応急処置だけで放置していることはありませんか?ガラスはヒビが入っただけでも、強度が弱くなってしまいます。そのまま放置していると軽い衝撃でも割れてしまう恐れがあり、また強度が弱いので防犯としての機能性も薄くなってしまいます。ヒビが入っていることを確認した段階で、自分で応急処置をしてガラス修理業者に交換してもらう必要があるということを忘れないで下さい。

TOPボタン