ガラス修理で選ぶガラスの機能と効果~特殊ガラスという選択肢~

省エネ効果が期待できる!? 複層ガラスのメリット

複層ガラスって?

複層ガラスとは2枚のガラスの間にスペーサーという金属で空間をつくりその2枚のガラス間に乾燥した空気の層をいれてある特殊ガラスです。このガラスの特徴は、人が快適に住めるかどうかを判断する要因の一つである『熱』を軽減する効果が得られる特殊なガラスになっています。家の外側からくる『熱』を断熱するように設計されているので、生活する中の多くの問題を解決してくれるのです。複層ガラスとは、2枚のガラスの間に乾燥した空気を封入してある特殊ガラスのことです。また遮熱や紫外線カット効果やこのようなたくさんの機能を持った複層ガラスを使用することで、安心できる経済的な生活が出来ます。

複層ガラスで得られる効果

冬は暖かく夏は涼しい
複層ガラスの大きな特徴は室内の温度が保たれ、外の温度が伝わるのを防ぐ効果があります。ですから冬は暖かく、夏は涼しいといった季節に適した室内温度を保てるので、快適な生活が出来るのです。
結露が少なくなる
このガラスは家の外と中の温度差を軽減する設計のため、結露の発生を防ぐ効果があります。結露が発生しない為、カーテンや窓枠を清潔に保つことが出来るだけでなく、ジメジメ時期に発生するカビの発生も抑えられます。
住宅の機能性が高まる
2枚のガラスを使用しているので、外側のガラスを防犯用のガラスや、ワイヤレス防火ガラスにするなどといった工夫でも防犯・防火機能を強化することが出来ます。複層ガラスの断熱性能と、遮熱機能更に組み合わせるガラスによって様々な機能を変えることが出来るのです。

そもそも断熱とは?

字から見ても分かるように、『熱を断つ』という意味です。昔は断熱化対策をあまりしていませんでした。そのため外の気温で家の中の室温も大きく影響を受けていたのです。断熱対策をすると外の熱が家の中に伝わらないので、家全体が一定の温度に保たれ、一年中快適に過ごすことが可能になります。ですから断熱対策をすることはより良い生活に繋がるということを覚えておきましょう。

TOPボタン