ガラスが割れた時のことを考えておこう~予防策とガラス修理対策~

どうしても防げないガラス破損

ガラスが勝手に割れてしまうことがあるのを知っていますか?これは太陽の光が直接当たる部分と当たらない部分の温度差に耐え切れなくなってビヒ割れしてしまうのです。また金網が格子状に入っているガラスですと、中の金網部分にサビが発生することがあります。そのサビ部分から膨張が始まり、結果ガラスのヒビに繋がるのです。このような事は普段普通に生活していても起こってしまうことなので、ヒビを発見した場合はガラス修理を行ないましょう。

もしもの時に備えておく 飛散防止フィルム

私達は普段多くのガラス製品に囲まれて暮らしていますが、このガラスが割れてしまった場合のことを考えて生活しているでしょうか?地震が起こった場合のガラスで怪我をする被害というのは多いようです。ですから万が一のことを考え、被害を減らす為『ガラス飛散防止フィルム』を利用する人が増えています。食器棚や窓ガラスなど大きなガラスにこのフィルムを貼ることで、ガラスが割れてしまった場合の飛散を押さえる効果があるので自宅でこのような対策を行なう人が増えてきています。

ガラス修理業者のサービスをフル活用する

お風呂

ガラスには様々な種類があり、それぞれ違う効果があります。例えばお風呂場で使われている一般的なガラスはすり板ガラスです。このガラスは半透明で中の様子が分からないので、プライバシーを守る効果があります。ガラス修理業者ではこのような特殊なガラスも豊富に扱っているため、交換の際はカタログを請求しガラス自体を選んで無料の見積もりサービスを使用したりし、自分の好みや生活にあったガラスをさがしてみるのも良いかもしれません。

TOPボタン