ガラス修理を依頼する前の初動対応~まずは応急処置をして病院へ~

ケガをした際の応急処置!

窓ガラスの破片は思っているよりも広範囲に飛散している場合があります。目で確認しづらいガラス片によって怪我をしてしまう場合もあるのです。病院へ行き診断もらうことが大切ですが、その場で応急処置を行なうことで怪我を最小限に押さえることが出来ます。

小さい切り傷の場合
傷が小さい場合はピンセットなどを使いガラス片を取り除きます。その後傷口を水で洗い、綺麗なガーゼやタオルなどを使って止血します。小さな傷を止血する時「そろそろ血が止まったかな?」と何回も確認してしまいますが、それでは止血が上手く出来ません。5分間は押さえるようにしましょう。血が止まったことが確認出来たら、傷口を乾燥させないように絆創膏などでカバーし病院で診察してもらうようにしましょう。
ガラス片が刺さってしまった場合
小さな刺し傷の場合でも注意が必要です。刺し傷は感染症の危険性も考えられますし、筋肉や神経といった身体を動かす部分を痛めている場合もあるので気をつけましょう。傷が小さい場合はピンセットでガラスを出来るだけとり止血をしますが、消毒液などの薬品は使わないで、そのまま病院へ行きましょう。大きな刺し傷の場合は無理に抜くと傷口を広げてしまったり、血管や筋肉、神経をさらに傷つけたりしてしまう可能性があるため危険です。綺麗なタオルなどで固定して病院へ行きましょう。

後日痛み出す可能性がある

医者

稀にガラス片が体内に入った状態で傷口が治ってしまうケースもあります。ガラス片が入っているのでその部分が腫れますし、身体を動かしていても違和感や痛みがあるので自分で気づきます。その場合は病院でガラス片を取り除いてもらったほうがよいでしょう。ガラス片は身体の中で自然に溶ける事はありません。ガラス片が原因で後々感染症にかかってしまう可能性もあるので、しっかり取り除いてもらうことが大切なのです。

TOPボタン